ポリテク火星出張所!

現在は簿記のこと、経済学、民法改正などを中心にブログを書いています。

有価証券その1~有価証券の購入~

有価証券とは、株式、債券、手形、小切手などの財産価値のある証券をいいます。簿記2級においての有価証券としては、4種類あります。 ①売買目的有価証券 安いときに買って、高いときに売るという売買をすることによって、利ざやを得て儲けるための株式や債…

ネットワーク外部性

ネットワーク外部性とは、製品やサービスの価値が利用者に委ねられていることをいいます。利用者が増えるほど利便性や効用が増していく性質を持ちます。 典型的な例としては、電話があります。この度電話が初めて世に出たとして、たった一人が電話を持ってい…

材料費(費目別計算)その4~予定消費単価~

材料費の最後です。いままでは、実際の購入単価を用いて計算していました。ところが、毎回の購入単価は一定のものではなく、時価によって変動するものです。そのため、総平均法で計算をしていると、月末まで消費した金額を確定させることはできず、それまで…

当座預金その4~銀行勘定調整表②~

前回に引き続き、銀行勘定調整表の後半です。今回は企業側の処理になるので、仕訳を伴います。 ④入金(出金)連絡未通知 売掛金などの回収のために入金があったり、水道光熱費などの引き落としがあって、預金口座残高の変動の連絡がきていない状態のことです…

決算書について

弊事務所では、個人事業主や小規模の会社向けに会計記帳の代行とコンサルティングを行っています。 会計記帳というと最終的には確定申告をするための書類に関連してくるのですが、確定申告については税理士業務であるため、手を出せないので、提携先の税理士…

民法改正その6~復代理人を選任した任意代理人の責任

タイトルが長いのですが、まずは復代理人について説明します。 復代理人とは、代理人が代理人の名で選任した本人の代理人のことをいいます。 もともと本人(A)が代理人(B)に何かを頼んだんだけれど、その代理人も都合が悪くなって、更に代理人が別の代…

材料費(費目別計算)その3~棚卸減耗費の発生~

商業簿記で棚卸減耗損と商品評価損の話をしましたが、工業簿記でも月末の棚卸の結果、き損や紛失で在庫が合わないときがあります。この場合は、棚卸減耗費となります。商業簿記では、棚卸減耗損だったので、間違わないようにしましょう。 また、棚卸減耗費は…

当座預金その3~銀行勘定調整表①~

銀行勘定調整表とは、月末や決算期に銀行から当座預金の残高証明書を取り寄せ、これと帳簿残高が一致しているかを調整するために作成する表をいいます。 作成方法は、両者区分調整法、企業残高基準法、銀行残高基準法があります。企業残高基準法は、企業側の…

材料費(費目別計算)その2~材料費の計算~

商業簿記で商品の払出単価の説明をしました。今回は、工業簿記編です。 polytech-mk.hatenablog.com 商業簿記では、先入先出法と移動平均法を解説しました。工業簿記では、先入先出法と平均法があります。 また、商業簿記では、商品在高帳の作成で出てくる論…

割引現在価値

今回の経済学のテーマは、日商簿記にも関係しているものです。簿記1級の貸倒引当金の算定にキャッシュフロー見積法というのがあります。この考え方に割引現在価値が使われています。 割引現在価値とは、ある将来に受け取れる価値が、もし現在受け取れたとし…

サービス業

商品売買と違って、学習塾や美容院などのサービス業は、形のないものを提供して収益を得ています。このサービスのことを役務といいます。 今回は、サービス業の取引についてみていきます。 サービス提供に先立って前金を受け取った場合 手付金や前金などの名…

材料費(費目別計算)その1~材料費の分類と基本的な仕訳~

今回は、費目別計算と呼ばれるカテゴリーの中の材料費に関して解説していきます。 材料費の分類 材料費とは、購入した材料のうち製造のために消費した費用をいいます。材料費は、以下の区分によって分類されます。 ①主要材料費(素材費、原料費) ②買入部品…

商品売買その6~棚卸減耗損と商品評価損~

今回は、商品売買における決算整理事項の内容です。3級では「仕・繰・繰・仕」という仕訳をしましたが、2級では損益計算書の表示方法(勘定式から報告式へ)が変わるため、本試験でこの仕訳をすると逆に混乱してしまう場面が出てきます。 精算表の作成をする…

民法改正その5~時効の完成猶予及び更新③法改正~

今回は、時効関係の用語が変わったとともに、時効が止まる行為って何があるの?という内容を説明していきます。 時効の完成猶予と更新 ①時効の中断 時効の中断とは、時効をストップさせる何らかの行為をすることによって、それまでの時効期間の進行が無意味…

原価の分類と工業簿記の流れ

今回は、原価計算の基礎について説明していきます。 原価の分類 原価とは、製造にかかった費用(製造費用)のことをいいますが、製品を販売するためにかかった費用(販売費)や会社や工場を管理するためにかかった費用(一般管理費)についても含まれます。…

商品売買その5~割引きと割戻し~

2019年3月までは、傷んだ商品が混じっているときに対応する値引きという項目もありましたが、削除となりました。最近の世の中では、傷んだ商品や傷モノがあると返品対象となるからです。 今回は、割引きと割戻しについてみていきます。 商品の割引き 割…

共有地の悲劇

共有地の悲劇とは、多数者が利用できる共有資源が乱獲されることによって、資源の枯渇を招いてしまうという経済学における法則をいいます。 みんながルールを守って使用している共有地を誰かが利益を上げようとしてルール違反をすると、他の人の利益が減って…

工業簿記とは?

2級では、大きく分けて商業簿記が3問(60点)、工業簿記(40点)が2問出題されます。そして、工業簿記は比較的満点近くを狙うことができるので、合否の分かれ目となります。 商業簿記は、商品売買業(お店や会社)を目的とした簿記でした。そして、工業簿記…

商品売買その4~売上原価対立法~

今日からは、2級の範囲となります。3級では、分記法と三分法を学習しましたが、2級では新たに売上原価対立法が出題されます。 売上原価対立法という文言が難しいのか、問題では「そのつど売上原価に計上する方法」というように表記されています。 3級では、…

153回日商簿記検定の予想(2級)

今回も最速で予想してしまおうと思います。次回の合格目指す方は、これを一つの指針として勉強していただければと思います。決してこれだけを勉強すればいいという訳でないことは、過去の記事でも説明している通りです。 第2問 商品売買+外貨建取引 本当は…

民法改正その5~時効の完成猶予及び更新②消滅時効~

一番最初に消滅時効の改正をお話ししましたが、改めて消滅時効の解説をしていきたいと思います。 消滅時効 消滅時効とは、一定の財産権について、権利を実行しないという事実状態が一定期間続いた場合に、その権利を消滅させることをいいます。 「貸したお金…

帳簿の締め切り

いよいよ、このテーマで日商簿記3級のプログラムは終了となります。 帳簿の締め切りとは、決算書の作成が終了し、それぞれの帳簿を閉鎖して、新たな年度のために新しい帳簿に差し替える作業です。会計帳簿は、会計年度が終了し、帳簿の閉鎖の時から7年保存に…

囚人のジレンマ

囚人のジレンマとは、ゲーム理論と呼ばれるものの一つです。経済学では、かなり有名な用語ですが、実際に定義を開設すると難しいので、まずは、例を挙げて説明します。 「囚人」というだけあって、囚人同士の駆け引きがもとになっています。 共同で犯罪を行…

精算表②+貸借対照表と損益計算書

前回は、決算修正仕訳を行いました。問題は引き続き前回の過去問で行います。 また、今回の5~9については、決算整理事項の仕訳となります。 貸倒引当金の設定 5.売掛金の期末残高に対して2%の貸倒引当金を差額補充法により設定する。 前回少し話しまし…

精算表①

しばらくぶりに本編に戻ってきました。今一度、決算の流れをおさらいしておきます。 ①試算表の作成 ②決算整理仕訳 ③精算表の作成 ④貸借対照表と損益計算書の作成 ⑤帳簿の締め切り いままでに①と②の説明が終わったところです。そして、③の精算表と④の財務諸表…

民法改正その5~時効の完成猶予及び更新①取得時効~

一番最初に消滅時効の改正をしましたが、今回は、そもそも、時効って何?っていうところから3回にわたって、やっていきたいと思います。 時効の意味 時効というのは、「権利の上に眠る者は保護に値しない」という法格言からきています。 親から子、そして孫…

152回日商簿記2級の解答について~第3問 貸借対照表+税効果会計③~

さて、152回の検討も今回で終わりです。最後は、あと4点、税効果会計の説明をします。配点箇所は、その他有価証券評価差額金と繰越利益剰余金のところ(各2点)です。 3.減価償却費の計算 備品の会計上の法定耐用年数は6年です。一方、税務上の法定耐…

152回日商簿記2級の解答について~第3問 貸借対照表+税効果会計②~

初めて受験される方・いつも時間に余裕のない方は、税効果会計の論点と8を飛ばしてください。これでも12~16点は取れます。 税効果会計の計算が別に苦じゃない方や時間に余裕のある方は、残り時間に応じて、それ以降を1つずつ追加する形で解いていきます。…

152回日商簿記2級の解答について~第3問 貸借対照表+税効果会計①~

いよいよ、最後の問題です。150回以来の普通の貸借対照表です。なかなか、サービス業や製造業が出題されないので、また次回以降に持ち越しです。 貸借対照表のスタンダードな解き方は、決算整理仕訳をしっかり行ってから、貸借対照表に必要なものを抜き取…

152回日商簿記2級の解答について~第5問 標準原価計算~

問 株式会社ガトーニッショウでは、2種類の洋菓子(製品Xと製品Y)を製造している。原価計算方式としては標準原価計算を採用している。加工費の配賦基準は直接作業時間であり、予算直接作業時間を基準操業度としている。現在、2019年5月の予算と実績に関す…